ふたご座流星群2013年12月の見頃時期と
見える方角とか場所とかネタバレしちゃいますね!

星座ファンのみなさま・・・お待たせしました。
3大流星群のひとつである「ふたご座流星群」が
12月13日深夜から15日早朝にかけて最大の観測チャンスを迎えます。

今回の活動のピークとなる14日夜は、
冬型の気圧配置となるため方角を気にせず
太平洋側を中心に広い範囲でふたご流星群が楽しめそう。

三大流星群のなかでも、ふたご座流星群は毎年ほぼ一定して
多くの流星が見えるそうです。好条件さえ揃えば、
1時間に100個程度もの流星を数えることも珍しくないそうですよ。

まぁ、かなりの上級者レベルの方の話だそうですが(苦笑

今回のふたご座流星群の見頃は13日と14日の夜
とくに深夜から明け方にかけてだそうです。

さらに月が沈む午前3時半から4時ごろ以降になった方が
より良い条件で観察できるそうですよ。

当日の気になるお天気ですが・・・・
さきほども言いましたが、太平洋側を中心に広い範囲で
絶好の観察条件となる模様です。

さらに今回は、日本海側や沖縄などでもふたご座流星群が
見れるチャンスかも????

ただし!!!!全国的に寒気団が押し寄せるため
夜はかな~り冷え込みます。

防寒対策をしっかりしてから、流星観測を楽しみましょうね(*^^)v
ライブ中継もあるそうなので、観測できない場所の方は
こちらで楽しむのもありですね。