親子刑事の活躍を描いたドラマ「ビターブラッド」の
第2話が放送されましたね。そこで視聴した感想を
思いのままに書きたいと思います。

まず素朴な疑問なのですが佐藤健の妹役の
あの女の子は誰なのでしょうか??
気になりますね(笑

親子のペアルックには思わずニヤリと
してしまいました。あのネクタイは
どこのブランドなのかしら???

今回は誘拐事件の解決に努めるわけですが
そもそもあの家の男の子が狙われたのは
計画的なのでしょうか?

というのもあの家の経営する会社は倒産
寸前のところまでいってましたので。
それを犯人は知らないわけないかなぁと
思いまして。

しかも裏で犯人を操ってるのがあのミッチー
だけにさらに変だなあと感じてしまいました。

でも父親が息子のために、会社があんな状況ながら
一億円を用立てする姿にはなんだかジーンと
きてしまいました。

自分があの父親の立場になったら、なにふり構わずに
金策に奔走できるのかと・・・・自分にはまだ子供が
いないので想像できませんでしたね。

今回の記事のタイトルにも書きましたが
男って生き物はやっぱり意地っ張りですね。
というより父親ってものはかな?

息子のために、意地をはって普段は
学生定食しか食べないくせに息子に
うな重定食を奢ってやるとか(苦笑

学生定食380円なのに、うな重定食1660円ですよ!
高っ!!!!でも、そうまでしても息子のために
自分は我慢できる、息子のために頑張れる
そういう父親になりたいなぁとつくづく思った
ビターブラッド第2話の感想でした。