4/27の日曜夜9時枠で始まる新番組「ルーズヴェルトゲーム」
最近、CMでもよく目にしますね。

そこで、今回は待望の第1話のあらすじを
ちょっとネタバレしてみたいと思います。

舞台となるのは東京に本社をおく「青島製作所」。
中堅規模の精密機器メーカーでその社長が
唐沢寿明演じる細川。

ある日の定例役員会議はことのほか
重くるしい雰囲気に。

というのも長引く金融不況により景気が
悪化したのをうけ、その不況の波が
青島製作所にも押し寄せてきたのだ。

この局面を打開するために集まった
会議なのだが、なかなかイイ案がでてこない。
しかもメイン取引先からは値下げ要求が。

この要求をのまなければ、今後の仕事が
ライバル会社に取られてしまうことになるのだが
そんな価格で仕事をすれば会社の経営は赤字に。

その規模は、なんと10億円にも!
到底、そんな要求はのめない。
しかし、会社存続のためにも値下げを
受け入れなければ・・・・

重苦しい雰囲気のなか笹井小太郎演じる
江口洋介が細川に意見を求めます。

細川の一言はその場を凍りつかせました。
「野球部を廃部にする!」

じつは銀行から会社経営を健全化しなければ
融資の続行は難しいと言われていたのです。

調べてみると野球部にはなんと年間3億円もの
維持費がかかっていることが判明。
銀行の継続融資を受けるためにも野球部の廃止は
至上命令だったのです。

むかしは青島製作所の花形だった野球部も今は弱体化し
会社のお荷物状態に。野球部の廃部は当然のことだと
役員たちからも賛成されることに。

しかし野球部を廃部するにはある障壁が。
創業者で元・会長の青島毅(山﨑努)が
野球部を廃部することに賛成するのか?

しかし、あれほど野球部愛が深い会長に
廃部を了承してもらわなければ会社の存続は
ないと考えた細川は青島のもとを訪ねます。

と、こんな第1話のあらすじになります。