魚へんに未の記事一覧

毎回楽しみにしてる番組があります。
「TOKIOカケル」ですね。

この番組では、ある漢字の読み方が
出題されTOKIOが難問に挑んでいくというものです。

昨日の放送では、かなりハイレベルな問題が
出題されたように思います。

それぞれの漢字の読み方がわかりますか?
◆沈菜の読み方
◆魚へんに未の読み方
◆香蕈の読み方

まず「沈菜」の読み方ですが=キムチです。
正式には、キムチの語源となるのが沈菜ということだそうです。

白菜を塩漬けにした際に
野菜が沈むことから名づけられてたそうですが

白菜は18世紀頃に作られた比較的新しい野菜なので
それ以前はキムチではなく沈菜を食していたという
ことになりますね。

続いて、魚へんに未のと書いてなんと読むのかですが
正解は「イワナ」だそうです。よくお寿司屋さんに
行くと湯飲みに魚へんの漢字がズラリと書いてありますよね?

今度、よく探してみたいと思います。

最後に、「香蕈」という漢字ですが
日本では椎茸と呼ばれてますね。

じつは椎茸は薬用植物とも呼ばれ、二日酔いに
効能があるといわれ、また栄養補給に椎茸を
煎じたり、調理したりすることもあるようです。

むかしは春と秋に獲れるものでしたが、
いまは人工栽培化に成功し、一年中
その味を楽しめるようになっています♪

雑学